家庭農園のススメ 野菜&花づくりのポイントと、上手な害虫防除のヒケツをお教えします。

さあ、始めましょう!ポイントを押さえて、おいしい野菜&すてきな花づくり

STEP1 まず、土作り

  • ・良い土とは、手の平で握ると固まり、開くとぼろぼろと崩れるような土のこと。そのような土は水はけや空気の通りもよく、かつ保水力があります。
  • ・植える場所は深さ30~50cmぐらいまで掘り起こし、やわらかくし、畑全体に肥料(堆肥)をまんべんなくすきこみましょう。
    やわらかくした土は根の成長を助けます。

ここがポイント! 野菜での肥料の上手な使い方 肥料は野菜を育てる大切な栄養素。基本をおさえて、上手に使いましょう! 収量を増やし、品質も向上させるには、堆肥と化成肥料を併用するのがベスト。
それぞれの特長をいかすことが大事です。

元肥として使う場合
野菜づくりの初期段階での栄養分は、元肥できまります。
堆肥はすぐに効果を発揮しません。
植え付けの2~3週間前までに行ないましょう。
土への浸透・分解はゆっくりと進行していきます。よい堆肥は新鮮な野菜を育てます。
元肥として使う場合
追肥として使う場合
根を伸ばす野菜には、うねの肩ぐらいまでばらばらと追肥しましょう。
追肥の基本は根の先端付近に。
根が肥料の栄養分を求めて深く伸びます。また、追肥を行なったら必ず水をまきます。
養分を分解するようにしましょう。
追肥はつねの肩に
堆肥には、野菜づくりには欠かせない栄養素が入っています。
チッ素(N)
葉っぱや茎を育てる栄養分。野菜づくりで「葉肥え」ともよばれています。
りん酸(P)
花や果実を育てる栄養分。
野菜づくりで「実肥え」ともよばれています。
カリ(K)
根を丈夫に育てる栄養分。
野菜づくりで「根肥え」ともよばれています。